就活インタビュー

立命館からパナソニックに内定をもらえた理由・コツ 選考方法は?

立命館大学の就活生に届ける”りつらぼ。主催”の「就活インタビュー」特集!

今回はパナソニックに内定を決めた経済学部 経済学科 安川幸輝さんにインタビューをさせていただきました!

業界分析の仕方など就活で役立つ情報をたくさん聞く事ができました!

インタビュイーの基本情報

名前:安川 幸輝さん
学部:経済学部 経済学科
内定先:NTTドコモ、TOTO、ニトリ、パナソニック
決定先:パナソニック

 

のぶ
のぶ
初めまして!今日はよろしくお願いします!

安川さん
安川さん
よろしくお願いします!

 

パナソニックを選んだ理由

いきなりですが、安田さんがパナソニックさんを就職先に選んだ理由を教えてください!

パナソニックさんは、会社としての理念と戦略がはっきりしていて、社員の方も熱意とビジョン、しっかりとした考えを持っていると感じました。

人間的にも優しい方が多く、社員の方も親身になって相談に乗ってくださります。就職活動でヒトを重視していたので、パナソニックさんに決めることにしました。

なぜ人を重視していたんですか?

色々な企業にインターンに行ったり説明会を聴きに行ったりする中で、サービスや売るものは違うけれど、会社の中の部署には営業、人事、企画がありどこの会社も独自のサービス、商品を作って価値を提供するという流れはあまり変わらないなと感じました。そして会社を作っているのも商品を作るのも全て人なので。

なるほど。どんなに素晴らしいビジネスモデルで企業として優秀でも一緒に働く人が嫌だったら問題ですもんね。

ところで安川さんは山梨出身ということですが、将来はどの場所で働きたいとかはありますか?

そうですね。実は山梨出身といっても、幼少期は親の転勤が多くて横浜→大阪→岡山→山梨と転校してばかりでした。

そうなんですね。ではあまりどこで働きたいというこだわりはないんですか?また何か困った経験などありましたか?

僕は小学2年生、中学2年生の時の転校があったので出来上がった人間関係の中に入っていくのには少し苦労しました。都会から田舎の学校へ転校した時、最初の頃は都会の人を敵対視するような目で見られていました(笑)でも、時間が経てばみんな受け入れてくれましたね。

そういう経験もあり、自分が働いた時はあまり転勤することには抵抗もないですね。また、企業を選ぶ際に企業で働いている人達の人間性を重視したのもそのような経験からかもしれません。

幼少期の経験も就活に活きているんですね。都会からの転校生を仲間外れにするというのはテレビでしか見たことなかったので、僕にとってはとても新鮮な話です。

個人面接でガクチカは何を話したか?

安川さんは面接の際、ガクチカについてはどのようなことを話されましたか?

主に面接でアピールした3つのことについて話していきますね。

まず一つ目は、立命館大学の入試広報課という受験生のサポートを行う団体に所属していました。そこで幹部をやっていたことについてよく面接では話しましたね。

二つ目は卒業論文です。どういうことについて書いたのか、工夫したことについて話しました。論文は人とテーマも違いますし、頑張れば差別化できるポイントだと思います。

三つ目はアルバイト先でリーダーをやっていたのでそのことについて話しました。

3つガクチカを用意されてたんですね。

そうですね。面接で何個聞かれてもいいように用意しておきました。企業によっては他には?3つ聞いてこられたところもありましたね

ただ僕の最終内定先のパナソニックでは一つしか聞かれませんでした。話したことはさっき言ったうちの一つである入試広報スタッフとしての活動についてです。

そうなんですね。ガクチカは面接の時には3つ以上言えるようにしておいた方がいいということですね。パナソニックさんでの面接で自分のガクチカやその他話した中で刺さったと思うことはありますか?

入試広報スタッフでの活動の時、課題解決のため多角的視点からの分析、周りを巻き込みながらの粘り強い対話を行い、解決案を実現させ結果的に課題解決を行えたことを話しました。

この話から自分は課題分析力、論理的思考力があり努力家であるということを面接官の方に伝えれたのだと思います。

なるほど。実際の事例を交えて自分がどのような人物かを伝えるとより説得力が増しますね!

個人面接で意識すること

安川さんの就活記録に、面接でのポイントは書ききれないので興味のある人は聞いてください!と書かれていたので教えてください!笑

分かりました。まず僕が面接の時に見られていると感じたのは「能力、熱意、可能性」です。

3つのポイントを意識されていたんですね。

まず現在の自分の能力としたい事を会社の将来とどう合わせていけるか。将来的に自分がどう戦力になれるかを上手く伝える事が僕の中でのポイントだと思います。

なるほど。即戦力になる人が欲しければ、中途採用でいいですもんね。

はい。また、自分がその会社で活躍している姿をどうイメージ出来るかが大事だと思います。これは会社にとっても自分にとっても大事なことで、入社してからなんかやっぱり自分に合ってないなってなると自分も困りますし、会社側も困りますし。

そうですよね。そのために企業分析、自己分析が大事になってきますね。

あと、面接のポイントとしては話す時の態度ですね。いかに熱意を持って相手に自分の気持ちを伝えるか、目をしっかりと見て笑顔でハキハキと話すことです。とても基本的なことだと思いますが、面接官の人はとても重要視しているポイントだと思うので。

グループディスカッションの時は早くに会場入り

グループディスカッションではどのようなことを実践しましたか?

よくグループの中でどのポジションがいいとか聞いたりしますけど

僕は振り返ってみるとチームの中でリーダーやまとめ役をやることが多かったです。ただ、リーダーがいいとは全然思っていなくて、自分のチームの足りない部分を補うということを心掛けていましたね。

自分だけ目立とうとするのではなく、チームとして上手くいくようにというマインドが大事だと思います。それと、自分の意見を押し通すのではなく、まずは相手の話は聞くというのは心掛けていました。

グループディスカッションでは面接官は、上手くチームを回せる人を見ているのかもしれないですね。でも、初めて会う人が多い中でチームの足りない部分を瞬時に見つけるって難しくないですか?グループディスカッションは、時間が思ったより足りないことが多いですし。

そうですね。初めて会う人といきなりグループディスカッションを行うのは少し難しいですが、僕は早めに会場に入って同じグループの人と仲良くなれるように話を積極的にしていましたね。その時にこの人はどういうタイプかを一人一人見極めて自分が予めどういう役割になるとチームが上手く回るかを考えておきますね。

そうなんですね!でもどのようにして一人一人見極めたんですか?

うーん。正直説明するのは難しいですが、その時話した時の感覚の部分が大きいですね。

例えば、よく話したり話の視点が面白いなと思った人がいれば、アイディアマンか、リーダー!

俯瞰的に周りを見れてるなって思う人がいれば書記!

など自分の頭の中でそれぞれの役割を考えてました。

そしてそのグループに足りない部分を自分に当てはめて考え、自分ならどうグループに貢献するかということを模索してました。

また話す中でグループ内の人の性格をだいたい認識して人毎にあった話し方や振る舞い方を考え、うまく議論が進むように心掛けてました。

時にはチームの雰囲気が良くなるように盛り上げることもしましたね(笑)

難しい質問ですいません(笑)でもちゃんと具体的に答えられてるのがすごい!

なるほど!確かにチームのメンバーと仲良くなる事ができた方が盛り上がるし、楽しくグループディスカッションが出来ますよね。ただ、大人しい人だと盛り上げるのは難しいかもしれませんが、会場に早く行きチームの人達と仲良くなるというのはとても参考になります。

「ロジカル面接術」で自己分析

自己分析の際にはどのようなものを活用しましたか?

自己分析では「ロジカル面接術」という本を主に使いました。この本には自分に対する質問が書いていてそれに答えるというもの。

僕はノート丸一冊使って質問と答えを書きました。自分がどのように考え行動し、どのような結果を出したのかを意識して書いてみると、自分の事が見えてくると思います。よかったら使ってみてください!

僕も来年から就活の面接が始まるので「ロジカル面接術」使ってみます!

業界研究は現場の方の声を聞こう

業界研究はどうしていましたか?

まず入りとしては就職四季報などの業界地図を読んで、自分が興味のある業界、企業を見ました。企業であればライバル企業なども見てその業界の立ち位置を調べたり、業界を見る時はこれからのその業界の課題、将来どうなっていくのかを調べました。また詳しいデータを知るために有価証券報告書を見ていました。

有価証券報告書は経営学部や経済学部の人は授業で習ったりしますが、他の学部の人でも就活するにあたって理解できるようにしておいた方がいいかもしれませんね。

この前はOICキャンパスで有価証券報告書の読み方セミナーが行われていましたし、直接友達に教えてもらうのもいいかもしれないですね。

そうですね。それに日経テレコンも企業を調べる上で役に立つと思います。学校のIDがあればスマホからも見ることができるので有効活用してみてください!

あと、テレビで*ワールドサテライト(TVニュース)というビジネス番組を見たりしていました。

                   *BSテレ東(月〜金 夜23〜23:58)放送

学校のシステムなどは有効に使っていきたいでねす。日経テレコンとかは知らない人も結構いると思いますし。

最後にその企業の社員の人に直接話を聞くということが大事だと思いました。

自分でニュースや雑誌で調べたこととは全く違うことを知ることができます。

それは、実際に起きていることに対して企業内部の人とその他の人では全くその出来事に対しての認識が違うということです。

例えば、ニュースなど外部の人は経営状況が良くないと報道がされていましたが、どうなんですか?と社員の人に質問した時、次のアプローチに向けて動いている最中だから大して問題には考えていないとおしゃっていました。

なるほど!百聞は一見にしかずですね。その社員さんと会うのはOB訪問の時ですか?

OB訪問はあまり行ってないんですけど、TOTOさん、NTTドコモさん、パナソニックさん1人ずつで3人の方と話させてもらいました。

また、企業の説明会の質問時間の時に自分から質問していましたね。NTTドコモさんの場合だと、最終選考の前にリクルーターさんがついてくれたのでその人に色々聞きましたね。

そうなんですね!OB訪問3人って少ない方なんですか?

周りの女の友達は数十人OB訪問したって人もいるのでそういう人と比べると少ないかもしれません。

へぇ〜! それは凄い!なぜその三社にOB訪問に行きはったのですか?

自分が強く興味があった企業がその3社だったからです。

将来自分はどうなりたいか?

最後に安川さんの未来像など聞けたりしますか?具体的に結婚はしたいのか?子供は何人くらい欲しいのかなどもあれば教えてください!

冒頭でも話したように僕は幼少期から家族が転勤族で色んな人と関わることができ、色んな価値観を知ることができました。ですから、会社に入ってからも色んな人と仕事したいです。自身の経験からも転勤はマイナスとは捉えていません。

結婚は27歳くらいで考えていて、結婚をしたら子供は2人欲しいですね。家族との時間も大切にしたいですし、子供2人を奨学金なしで大学まで行かせてあげられるくらいは稼ぎたいと思っています。

そうなんですね!転勤をプラスに捉えられるというのはすごいと思います。僕はそのような経験がなかったので。

以上で取材を終わらさせてもらうのですが就活生に向けてのメッセージがあればお願いします!

就活生へのメッセージ

就職活動は自分と向き合える良い機会だと思うので、自分の納得のいく進路選択をして欲しいと思います。

しっかりと準備を行えば結果はついてくると思います!

今日は貴重なお話ありがとうございました!

就活インタビュー編集後記

安川さんとは今回初めて話させてもらったのですが、様々な質問に答えてくださりとても取材も盛り上がりました。幼少期の転勤の経験を今ではプラスに捉えていて、すごくポジティブな方だなという印象でした。

グループディスカッションで会場に早く行き、他の人と会話をして自分の役割を率先して見つけてやるというのは難しいことだと思いますが、入試広報スタッフやバイトリーダーでの経験が活きているのだと感じました。